TOP > シミ
ドクターズコスメ
オリジナルコスメ
ブログ
LINE

〒321-0138
栃木県宇都宮市兵庫塚3-29-28

アクセス方法はこちら

028-655-2001

【窓口受付時間】
午前 9:00~12:00 / 午後 15:00~18:30
(水曜日12:00まで、土曜日13:00まで)
【WEB受付】
午前 7:00~11:30 / 午後 12:00~18:00

シミ

シミとは

しみには種類があります。

代表的なものには、老人性色素斑、雀卵班、肝斑、炎症後色素沈着があり、治療法は若干異なります。

 

【老人性色素斑(老人性しみ)】

加齢と、紫外線の影響で出来るシミです。形、大きさがさまざまで、ゆっくり拡大し、色調もだんだん濃くなる場合が多いです。

もっともありふれたシミで、一度出来ると自然には消えません。

どんな方法で治療しても、遮光(紫外線対策)が重要になります。

 

【肝斑】

肝斑は、境界明瞭な淡褐色斑が、額、頬、口囲に、通常左右対称性にみられます。

形、大きさは一定せず、紫外線で夏季に増悪し、妊娠をきっかけに発症することがあります。化粧を落とすため、こすりすぎる習慣があるなど、慢性的に刺激を与えると、出来やすいし、治りにくいです。

治療法は、トラネキサム酸の内服、イオン導入、保存療法、ハイドロキノン軟膏やトレチノイン軟膏の外用があります。レーザーで治療すると、いったん改善しても、あとで濃くなることがあり、お勧めでありません。

当院では、トラネキサム酸の内服、イオン導入と保存療法を第一にお勧めします。

 

【雀卵班(そばかす)】

雀卵班(そばかす)は、1mm~数mm大の褐色斑が、両頬中心に散在します。

学童期に発症し、日焼けや妊娠で増悪します。年齢とともに増加し、高年齢になると少なくなります。

老人性色素斑(老人性しみ)と同じ治療の選択肢があります。

当院では、Qスイッチアレキサンドライトレーザーをお勧めします。

 

【炎症後色素沈着】

皮膚が炎症を起こした後に、色素が沈着することで出来るしみです。肝斑と治療方針がほぼ同じです。

治療

【Qスイッチアレキサンドライトレーザー】

Qスイッチアレキサンドライトレーザーは、「アレキサンドライト」という宝石を使用した、瞬間的に高いエネルギーを照射できるレーザーです。周りの皮膚のダメージを最小限にして、シミのもとである、メラニン色素を破壊します。

 

【光治療(I2PL+)】

強い光と熱を皮膚に与え、沈着したメラニン色素を、数回にわけてうすくし、肌の若返り効果(キメ、ハリ、小じわの改善)があります。施術後すぐに化粧が出来、軟膏を塗ったり、ガーゼを貼る必要がありません。肝斑を合併している場合は、その治療を併用します。

 

【デルマトロン】

弱い電流を皮膚に流し、皮膚を熱凝固し、置き換えます。数回施術します。

光治療より効果で劣りますが、安全性が極めて高く、光治療と併用する場合があります。費用面でのメリット(3cm以下で、1回3240円税込み)もあります。

 

【イオン導入】

ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、グリシルグリシンを皮膚にイオン導入することで、内服するより、直接皮膚に作用させます。メラニン産生を抑え、活性酸素を除き、コラーゲンを生成するため、美白効果と、若返り効果があります。

 

【ハイドロキノン軟膏】

ハイドロキノンは、天然にも存在する成分で、還元作用があり、チロシナーゼという酵素の働きを抑え、メラニン産生を抑えます。

代表的なシミである、老人性色素斑、雀卵班、肝斑、炎症後色素沈着に効果があります。

しみの気になる部位に塗ります。

美白化粧品で問題になりました、白い色抜け(白斑)は起こらないとされています。

人によっては、かぶれたり、皮膚への刺激が起こることがあります。

 

【トレチノイン軟膏】

トレチノインには以下の作用があります。

①角質をはがします(ピーリング作用)。

②表皮細胞の分裂増殖を促し、皮膚の再生を促進するので、シミの改善に効果的です。

③皮脂腺の働きを抑え皮脂の分泌を抑えるため、毛穴径の縮小、にきび症状を改善します。

④真皮でコラーゲンの造成し、皮膚の張りと小じわ、ちりめんじわの改善をもたらします。

⑤表皮層内でのヒアルロン酸の産生を促し、肌の潤いが高くなります。

一方で、副作用の赤み、刺激感が生じやすいことが知られていました。
当院では、トレチノインナノエッグを採用しています。
トレチノインを直径数ナノメーターのカプセルに封入し、安定化させているため、低容量でも薬理効果を発揮します。
皮膚内に浸透後、徐々にカプセルが崩壊するため、副作用の軽減や治療の継続がしやすくなっております。
同時に美白効果を高めるために、ハイドロキノンを併用することをおすすめします。

治療法について

  • I2PL
    当院での主な治療です。
    強い光と熱を皮膚に与え、沈着したメラニン色素を、数回にわけてうすくし、肌の若返り効果(キメ、ハリ、小じわの改善)があります。
  • デルマトロン
    弱い電流を皮膚に流し、皮膚を熱凝固し、置き換えます。光治療より効果で劣りますが、安全性が極めて高く、光治療と併用する場合があります。
  • イオン導入
    有効成分を、電気的性質で、肌のより深くに浸透させ、効果を高めます。内服したり、外用(塗ること)するよりも、効果があり、リーズナブルな当院でも人気の施術です。
  • ハイドロキノン軟膏
    ハイドロキノンは、天然にも存在する成分で、還元作用があり、チロシナーゼという酵素の働きを抑え、メラニン産生を抑えます。
  • Qスイッチアレキサンドライトレーザー
    瞬間的に高いエネルギーを照射できるレーザーです。周りの皮膚のダメージを最小限にして、シミのもとである、メラニン色素を破壊します。

料金

Qスイッチレーザー スポット 5mm×5mm 5,000円
Qスイッチレーザー スポット 1cm×1cm 10,000円
レーザートーニング 両頬 1回 10,000円
レーザートーニング 両頬 5回 40,000円

デルマトロン(初再診料なし)

施術名 1回料金
しみ 3cm未満 3,000円
しみ 3~6cm 6,000円

フォトフェイシャル(初診料3,000円、再診料1,000円)

施術名 1回料金 6回コース
(1回分サービス)
両ほほ 1回 12,000円 60,000円
全顔 1回 15,000円 75,000円
おためし 料金
1-2発 (1か所相当) 5,000円
3-4発(2か所相当) 8,000円
各部位(両手の甲など)1回 7,000円
※掲載している料金は全て税抜き価格です。
お電話でのお問い合わせはこちら
診療時間

[休診日]水曜日午後・土曜日午後・日曜祝日
▲午前9:00~13:00

診療のご案内について

【初診の方】
診療時に必要な物、手順などはコチラからご確認ください。
【再診の方】
WEBでの受付が可能です。WEB受付はコチラです。
【窓口受付時間】 午前 9:00~12:00 / 午後 15:00~18:30
(水曜日12:00まで、土曜日13:00まで)
【WEB受付】 午前 7:00~11:30 / 午後 12:00~18:00