TOP > イボ
ドクターズコスメ
オリジナルコスメ
ブログ
LINE

〒321-0138
栃木県宇都宮市兵庫塚3-29-28

アクセス方法はこちら

028-655-2001

【窓口受付時間】
午前 9:00~12:00 / 午後 15:00~18:30
(水曜日12:00まで、土曜日13:00まで)
【WEB受付】
午前 7:00~11:30 / 午後 12:00~18:00

イボ

イボとは

いくつか種類があり、主なものを説明します。

 

【尋常性疣贅(ふつうのいぼ)】

いぼのウイルス(人乳頭腫ウイルス HPV2/27/57)の感染症です。放置すると広がったり、他の場所にうつったりします。

治療は冷凍凝固法を主にいたします。保険適応があり、瘢痕(痕)に成りにくいのが長所です。ドイツ製のカミソリで削ります。カミソリは個人用で管理し、使いまわしいたしません。液体窒素を用い、–196℃で凍らせます。治療期間が短くなるように工夫しています。冷凍凝固法で治癒しない場合は、下記の方法を併用もしくは変更します。

 

◆ 治療

・冷凍凝固法

-196℃で凍らせる治療です。

 

・ヨクイニン

保険適応がある唯一の内服薬です。はとむぎの成分から成る漢方薬です。全身の免疫を賦活する働きがあると言われています。

 

・グルタラール

ステリハイドという消毒液です。茶色い色がつきますが、心配ありません。
併用法としては、当院で一番用いられています。

 

・モノクロル酢酸+スピール膏

足の裏などの治りにくいイボや、爪のそばの治りにくいイボに特に効果があります。

 

・デルマトロン

電気を流す治療です。治りきらないしつこいイボに効果があります。

 

【青年性扁平疣贅】

いぼのウイルス(人乳頭腫ウイルス HPV3/10/28)の感染症です。

尋常性疣贅とは同じウイルスで、型が違います。冷凍凝固法、ヨクイニン内服、デルマトロンで治療します。

 

【尖圭コンジローマ】

(人乳頭腫ウイルス HPV6/11)の感染症です。

冷凍凝固法、デルマトロン、べセルナクリーム外用で治療します。

 

【伝染性軟属腫】

伝染性軟属腫ウイルスの感染症です。

ピンセットでつまみ、中のしんを取り出します。放っておいても、自然に治ることもありますが、長期間(6ヶ月から5年)かかり、その間、他の人にうつす、水泳が見学になる、大きくなるとあとを残す場合がある、夏はとびひになりやすい、などのデメリットがあります。

麻酔のテープが保険で使えるようになりましたが、当院では使用していません。これもデメリット面を考えてのことです。小さなお子様には試練ですが、ウイルスに対する免疫が出来ると、新たに出なくなります。短い時間で取ってしまう。これに尽きると思いますので、ご協力お願いします。

お電話でのお問い合わせはこちら
診療時間

[休診日]水曜日午後・土曜日午後・日曜祝日
▲午前9:00~13:00

診療のご案内について

【初診の方】
診療時に必要な物、手順などはコチラからご確認ください。
【再診の方】
WEBでの受付が可能です。WEB受付はコチラです。
【窓口受付時間】 午前 9:00~12:00 / 午後 15:00~18:30
(水曜日12:00まで、土曜日13:00まで)
【WEB受付】 午前 7:00~11:30 / 午後 12:00~18:00